クリアネイルショットを使った経過と率直な評価

クリアネイルショット 経過と評価

 

20年以上も足の爪を隠してきた私が、クリアネイルショットを約1年使った経過のまとめと率直な評価をします。

 

今ではサンダルも裸足も思いのままですが、満点ではありません。どんなところが減点だったのかをお伝えします。

 

現在はクリアストロングショットアルファにパワーアップしていますが、当記事の内容はクリアネイルショット当時のものです。医薬品や他のネイルケア用品は一切使っていません。

 

ごめんなさい。画像削除しました。
ご好評いただいていたビフォーアフターの写真ですが、薬機法上問題があると指摘をいただきましたので削除致しました。


クリアネイルショットVSにごり爪 6か月間経過

人に見られるのが嫌なんて当たり前。もう自分で見ることすら嫌だった私の足爪。濁って厚みがあり、変形してしまっていたのは両足の小指でした。

 

  表面の状態 爪と皮膚の境界
スタート にごり爪1 にごり爪2

 

クリアネイルショットを使い始める前、私の小指の爪は全体的に濁っていました。白く濁ったり黄色く濁ったりと、残念な見た目に。爪の表面は厚みで盛り上がっている部分もあり、ギザギザとかデコボコとかそういった表現がぴったりでした。
触った感触はザラザラ、ガタガタ。例えが思いつかないくらい見た目は汚かったです。

 

2週間後

  表面の状態 爪と皮膚の境界
2週間後 クリアネイルショット 2週間後1 クリアネイルショット 2週間後2

 

1度変色した爪は、生え変わるまで綺麗になりません。足の爪が伸びるのは1か月に1.5mm程度。2週間ではほとんど変化を見られないのが普通です。

 

でも私の足爪には小さな、本当に小さな変化が起きていました。真っ白になった爪の生え際から、うっすらとピンクの爪が見えていたんです。
意識しないと気づけないくらいの変化でしたが、20年以上目にしなかった色。さらに爪に入っていた細い線が薄くなってきていました。

 

おそらく、クリアネイルショットの保湿成分のおかげだと思います。テンションが上がりました。

 

1か月後

  表面の状態 爪と皮膚の境界
1か月後 クリアネイルショット 1か月後1 クリアネイルショット 1か月後2

 

何の変化も実感できないまま1か月、2か月と過ぎていく人もいる中、幸いなことに私の爪にはピンク色の部分が増えてきました。面積でいうと50%といったところ。
触った感触にも変化があって、ザラザラだったのが、少しツルツルになりかけています。

 

1か月くらいで足の爪が50%伸びることはないので、これもクリアネイルショットの保湿成分とツヤ成分のおかげ。浸透力が高いのは本当のようです。

 

ただ、爪の形に変化がないのをもどかしく感じていました。

 

2か月後

  表面の状態 爪と皮膚の境界
2か月後 2か月後1 2か月後2

 

2か月くらいまでがクリアネイルショットを塗っていて最も楽しい時期でした。濁った部分が爪先まで伸びてきて、根元からピンク色が増えていくのが嬉しいんです。
こまめに写真を撮っていたので、ビフォーアフターを比べて「裸足になれる日も遠くない!」と1人で喜んでいました。

 

黄色い部分は残っているものの、以前よりは薄くなり、爪の生え際と爪先の違いは歴然。違いがはっきり分かると毎日塗るのも苦痛ではなくなります。
(嘘。本当はちょっとめんどくさい)

 

爪の形が変わりそうにないので、凸っている部分だけ爪ヤスリで削ってみました。これが結構良かったようで、1か月後くらいに形にも変化が出始めました。

 

3か月後

  表面の状態 爪と皮膚の境界
3か月後 クリアネイルショット 3か月後1 3か月後2

 

3か月が経過する頃には、ピンクの爪が80%(感覚値)くらいになり、他の足指と比較しても大差はなくなってきました。足裏マッサージにも行くことができました。まだ完璧ではないので少しドキドキしましたけど。

 

表面のデコボコも見た目上はかなり滑らかになり、人に見られてもそんなに問題はないかなというレベルです。新しい爪も順調に伸びてきて、汚い爪と世代交代しているかのようです。

 

爪を削ったおかげでしょうか。形にもようやく変化が現れ、滑らかになってきました。ツルツル感が気持ち良くて、つい爪を触ってしまいます。

 

6か月後

  表面の状態 爪と皮膚の境界
6か月後 クリアネイルショット 6か月経過1 クリアネイルショット 6か月経過2

 

6か月が経過しました。
ピンクの部分は全体の90%くらいになり、残る白濁は爪先だけです。

 

6か月もなんて思うかもしれませんが、クリアネイルショットを塗り始めてから爪の色が入れ替わっていく様子を見ていたら、案外あっという間でした。塗り忘れた日も多かったですがよく頑張ったという気持ちです。

 

爪の形は感覚で80%くらいの出来栄え。よほど近くで見られない限り、違和感なし。このまま続ければさらに良くなるという手ごたえもあります。

 

管理人イメージ

 

画像を削除した為、見苦しくなりすいませんでした。最終的に1年間クリアネイルショットを塗り続けました!


 

>>クリアネイルショット公式ページへ
現在はパワーアップしてクリアストロングショットアルファになっています。

クリアネイルショットの評価

クリアネイルショット 評価

 

クリアネイルショットを1年間使い続けた私の評価は4点/5点満点

 

結果が出ているのにマイナス1点なのは理由があります。

  • 即効性がない
  • 長期間続けた時の費用的負担
  • 定期コースの内容が好きじゃない

 

マイナス評価@即効性がない
分かってはいたことですが、爪の性質上時間がかかります。やっぱり即効性があった方が嬉しいですよね。爪が生え変わるまでの間の努力は必要です。ただ、保湿成分が入っているので、乾燥による見た目の悪さは早めに実感できると思います。

 

 

マイナス評価A費用的負担
1個で3,000円オーバー。私のように小指2本なら塗る面積が狭いので、1個で1か月半〜2か月近く使えますが、長期間続けるとやっぱり費用の面が気になります。

 

 

マイナス評価B定期コースの内容
私が利用していたお試し定期コースは問題ないのですが、他の2つの定期コースはトラブルの元じゃないかなと思います。

 

基本コースは3か月ごとに3個届く(価格が安くて送料も節約できる)のですが、3回購入しないと解約できません。3回(9個)って多くないですか?
年間コースは3か月ごとに3個で4回(12個)購入が解約条件です。しかも解約のタイミングを逃すとさらに1年。いくら表記してあるとはいえ、トラブルの元になっているはずです。

 

注文フォームのデフォルトが基本コースになっているのもよくない。気づかないとそのまま基本コースを申込むことになります。

 

お試し定期コースは1回の購入でも解約できて返金保証つき。初めてクリアネイルショットを使うなら、最初はお試し定期コースがおすすめです。途中で基本コースや年間コースに変更することもできます。

 

 

 

少し厳しめですが、上記がマイナス1点の内容です。

 

マイナス面がある一方で、足爪のトラブルがある人に支持されているのも事実。49秒に1個売れているそうです。
病院に行く前にセルフケアしたい人にとって、いい結果を残している商品だと思います。

 

>>クリアネイルショット公式ページへ

 


クリアネイルショット経過と評価のまとめ

 

一般的ににごり爪は親指でなる人が多いそうですが、私の場合は小指でした。爪の面積が狭いので助かりました。

 

塗り始めてから2週間で出たわずかな変化を見逃さなかったことが、今の結果に繋がっていると思います。

 

根元にわずかなピンク色
これが私のモチベーションを一気に上げました。

 

爪の根元は白く、爪先に向かって黄色くなっていましたが、2週間で爪の根元にうっすらとピンクの部分が現れたのです。その時はすごく可愛く見えました。まるで桜です(笑)

 

透明で綺麗な爪が生え始めた証拠だと確信し、それから先は毎日塗ることが苦行から修行に変わりました。(たまに塗り忘れたり、旅行で持っていくのを忘れて1週間塗れなかった日もありました)

 

私の場合は、運よく1か月で目に見える変化を感じられたのが大きかったです。
写真を撮ってビフォー・アフターを見れるようにしたのも良かった。前向きになれて、自信が芽生えました。

 

3か月くらいは、目に見える変化が楽しかったですが、ある程度綺麗になると変化に気づきにくくなります。それが4か月目と5か月目でした。ちょっと気が抜けそうになったりして危なかったです。

 

1年続けたおかげで、もう他人に見られても気づかれません。
裸足になるのも余裕です!

 

矢印>>クリアネイルショット公式サイトを見る