市販の水虫薬どれを選ぶ?

水虫おすすめ市販薬

 

薬局だけではなく、ネット通販でも水虫薬を買えるようになり、とても便利になりました。

 

でも、
市販の水虫薬は種類が多くてどれを選べばいいか悩みますよね。

 

正直なところ、現在薬局やドラッグストアに並んでいる水虫薬は、効果の高いものが多く、どれを選んでもよく効きます。有名メーカーの水虫薬を選べば問題ありません。

 

有名メーカーも多々あるので、一部を紹介すると

  • 大正製薬(ダマリン)
  • 第一三共(ピロエース)
  • 久光製薬(ブテナロック)
  • ノバルティスファーマ(ラミシール)
  • 武田薬品(スコルバ)

他にも小林製薬や佐藤製薬、ロート製薬などがあり、

 

どのメーカーを使えばいいか分からない!
そんな状態になると思います。

 

このあとオススメの水虫薬を紹介しますが、有名メーカーの水虫薬ならどれでも効きます。なるべく新しい商品の方が殺菌成分が強くていいですね。

 

それより、メーカーやブランドではなく、市販の水虫薬にはもっと大事なことがあります。

 

水虫治療で大事なのは、

  1. 患部を清潔に保つ
  2. 薬を毎日塗る
  3. 患部より広く塗る
  4. 治ったと思ってから2カ月(できれば3ケ月)塗る

この4つです。

 

市販の水虫薬は使い方1つで効果の出かたが全く違ってきます。
もし、早く治したい、来年に持ち越したくないと思われるなら、この4つのポイントを覚えておいて下さい。

 

市販の水虫薬は爪水虫への適用はありません。

 

最近の市販の水虫薬はどれでもよく効くのですが、実際に店頭に行ったり、通販サイトを見ていても1つに絞り込めないと思います。

 

そこで、市販の水虫薬で私のおすすめを紹介します。
1つに絞り込めない方は参考になさって下さい。

 

おすすめはこれ!

私のおすすめは、ピロエースZ、ダマリンエース、ブテナロックです。
これらの中でもピロエースZが最もおすすめです。
ピロエースには種類があるので、商品名にZ(ゼット)が入っている物をお選びください。

 

おすすめの理由

上記のおすすめは殺菌力が高い成分で選びました。

  • 「ラノコゾール」(ピロエースZ)
  • 「塩酸アモロルフィン」(ダマリンエース)
  • 「塩酸ブテナフィン」(ブテナロック)

 

この3つの成分は、市販の水虫薬の中でも殺菌力が高く、効果も高い成分です。
この3つなら名前で決めてもいいでしょう。
それでも迷うようならピロエースZでいいと思います。

 

購入するメーカーやブランドを決めたら、次は剤形です。
液体、クリーム、軟膏、ゲル、スプレーがあり、これもどれを選べばいいか難しいですね。

 

剤形は患部の状態に合わせて、クリームや軟膏、液体、スプレーから選びます。
剤形の選び方やよく効く塗り方は、下記のページにまとめまてあります。

 

水虫薬は液体とクリームどちらが効くの?症状に合った選び方を解説!

 

 

大事なのは塗り方です

急いで

 

繰り返しになりますが、
市販の水虫薬で大事なのは塗り方です。

 

どれだけ効果の高い水虫薬を選んでも、塗り方が間違っていると効果が出にくくなります。また、治ったはずの水虫が再発したりもします。

 

水虫はきちんと治療をすれば治せる症状です。

 

しかし、なるべく早く治療しないと爪に入ってしまうことがあります。
それが爪水虫です。

 

爪に入ってしまうと治療が困難になったり、皮膚の水虫を何度も再発させたりと面倒なことになります。

 

そうなる前に早めに水虫を治療するようにして下さい。