デリケートな時期は慎重に

妊娠

 

これから妊娠を希望していたり、妊娠されている人は飲み薬には慎重になりますよね。

 

それは当然のことで、飲み薬によっては体内での影響が大きく、これから生まれてくる大事な赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるからです。

 

水虫や爪水虫に至っては、特に妊娠中に感染しやすくなります。

 

免疫力が低下すること、足にかく汗の量が妊娠していない時に比べ増えることで、水虫に感染しやすくなり、さらには爪水虫になる可能性も高まります。

 

既に爪水虫になっている場合は、悪化する可能性も捨てきれません。

 

しかし、この時期は水虫や爪水虫の治療の為に飲み薬は使えません。
先に述べた通り、赤ちゃんへの影響が心配だからです。

 

妊娠中に限らず、これから赤ちゃんを授かりたいと計画している方は、医師の指導がない限り飲み薬は避けるべきでしょう。

 

市販の塗る水虫薬は使ってもいい?

では、妊活中又は妊娠中に市販されている水虫の塗り薬なら使ってもいいのでしょうか?

 

市販の水虫薬は、成分も配合量もきつくないように作らています。
薬を塗る場所が局所的なので、妊娠中でも胎児への影響はほぼないと言われています。
添付文書でも禁忌(絶対に使用してはいけない)にはなっていません。

 

だから、「妊娠に気づかずに市販の水虫薬を塗ってしまった!」と焦る必要はありません。そこで動揺し、急激なストレスを抱えないようにしましょう。

 

とは言え、デリケートな時期なので、使用に際しては医師又は薬剤師に相談するべきです。
添付文書でも「妊婦又は妊娠していると思われる人」は相談するように書かれています。
特に妊娠中の方は、かかりつけの医師に相談してから使用するようにして下さいね。

 

妊娠中は肌への刺激も感じやすくなっていて、水虫薬を塗った場所がいつもよりかぶれやすくなっていることもあるので、胎児への影響とは違う面でも注意しておきましょう。

 

なお、水虫が足の裏全体など広範囲に及ぶ場合は、市販の水虫薬ではなく、皮膚科を受診するようにして下さい。

 

赤ちゃんへの感染を防ぐ為に

水虫はお腹の中にいる赤ちゃんに感染することはありませんが、出産後となると話は別。もし家族の誰かが水虫菌を持っている場合、その水虫が感染する可能性はあります。

 

水虫菌が付着したカーペットの上を赤ちゃんがハイハイしてしまうこともあるでしょうし、無意識に足を触ってしまった手で赤ちゃんを抱っこすることもあり得ます。

 

過度に敏感になるのも考えものですが、赤ちゃんに水虫菌を感染させないよう家族で協力するように話し合うことは大事だと思います。

 

その為には、出産前から水虫の治療を始めておくのも1つの手段ですよね。
元気な赤ちゃんを授かりますように。