夏はつま先のあるサンダルで爪水虫を隠そう

夏爪水虫サンダル

 

爪水虫の大きな悩みの1つ。

 

夏にサンダルが履けない

 

オープントゥのサンダルだとつま先が見えて、爪水虫バレの危険性が大幅にアップしてしまいます。
特に女性は夏は足の涼しさだけでなく、おしゃれの1つとして、見た目が軽いサンダルを履きたいですよね。

 

サンダル用のストッキングでつま先を隠すという手もありますが、ストッキングがムレるので夏らしくなく、しかも水虫には逆効果になります。
ファッション評論家のピーコさんは「絶対素足じゃなきゃダメよ!(怒)」と言っていたそうです。

 

クロックスはつま先を隠すことができ、通気性も悪くないのでいいのですが、

 

爪水虫とクロックス

 

おしゃれとは少し違いますね。

 

爪水虫の時は確かに選択肢は絞られてしまいますが、今年の夏は思い切ってサンダルを履いて出かけませんか。

 

その方がムレにくくもなりますし、治りも早くなります。
爪水虫がなくなれば、来年はどんなサンダルも自由に履けます。

 

でも、爪水虫対策が第一優先なので、サンダル探しに夢中になって忘れてしまわないようご注意下さい。

 

小指の爪水虫は意外と隠せる

 

爪水虫が第5趾(小指)ならいろいろなサンダルを使うことができます。

 

夏のサンダル

 

さすがにビーチサンダルでは隠せませんが、このようにストラップが太ければ小指は隠れますよね。
バックのストラップが合っていないと、指が前に出てきてしまうので注意が必要です。

 

 

爪が隠せるサンダル

 

花やリボンが付いているタイプなら、視線がデザインに向くのでさらに隠し効果アップ!

 

しかし、問題は親指型爪水虫の場合です。
第1趾(親指)や第2趾(人差し指)はこのタイプでは隠すことができません。

 

なるべく指が隠れるサンダル

 

オープントゥのサンダルでも、指が見える面積が少ないものもあります。
そのようなサンダルを選べば、見られたくない爪水虫を隠すことが可能です。

 

靴のメーカーは多いので、ここでは夏と水虫がセットになってしまった時に使いやすい「クロールバリエ」を例に紹介していきます。

 

クロールバリエを選んだ理由は、洗える靴だからです。爪水虫は他の健康な爪にも広がるので、清潔さを保てるウォッシャブルな靴をチョイスしました。
特に雑菌が繁殖しやすい夏に重宝します。

 

サイズが合えば第3趾(中指)から第5趾(小指)まで隠せるサンダル

 

クロールバリエ 厚底 プラットフォーム ウエッジサンダル

No.644213 クロールバリエ 厚底 プラットフォーム ウエッジサンダル

 

 

メッシュタイプだと涼しげで、第1趾(親指)も第2趾(人差し指)も含めて全て隠すことができます。

クロールバリエ メッシュ セパレート サンダル画像1

 

クロールバリエ メッシュ セパレート サンダル画像2

No.744204 クロールバリエ メッシュ セパレート サンダル

 

 

第1趾と第2趾を「完全」に隠すにはミュールが手頃ですが、ストラップサンダルなんかもおすすめです。

 

クロールバリエ ダブルストラップサンダル画像

No.529203 クロールバリエ ダブルストラップサンダル

※このサンダルはオーダーメイドです

 

 

クロールバリエ リーフモチーフ ダブルストラップ サンダル画像

No.544203 クロールバリエ リーフモチーフ ダブルストラップ サンダル

清楚な感じもいいですね。

 

 

クロールバリエ ストラップ カットワーク サンダル画像

No.644201 クロールバリエ ストラップ カットワーク サンダル

かかとも隠せます。

 

楽天でクロールバリエを見る ≫

 

まとめ

 

つま先を隠したいのは爪水虫の人だけではありません。
指の形にコンプレックスがある方も多く、そういった方も同じようなサンダルを選ばれます。

 

サンダルはメーカーも多く、いろいろな種類のものが販売されているので、お時間がある時にゆっくりと楽しみながら探してみてはいかがでしょうか。

 

今回はまる洗いできるクロールバリエに絞って紹介しました。
※洗えないタイプもあります。

 

夏は汗が出やすく、ムレやすいので雑菌が繁殖しやすく臭いも出ます。
水虫菌の大好きな季節ですから。

 

爪水虫だとサンダルが履けないというわけではありません。
どの指を隠したいかで選ぶサンダルが変わりますが、あなたらしく楽しい夏を過ごすことは十分可能です。

 

でも、くれぐれも爪水虫対策は怠らないよう、毎日お手入れして下さいね。
来年の夏はもっと楽しいサンダル探しができるはずです。