エクシブWきわケアジェルは爪水虫に効くの?

エクシブWきわケアジェル

 

爪水虫に効く市販薬がないか検索すると、エクシブWきわケアジェル/ロート製薬が出てくることがあります。

 

しかし、2021年時点で市販薬で爪水虫の効能がとれている薬はなくエクシブWきわケアジェルは爪水虫の薬ではありません。

 

エクシブWきわケアジェルの効能・効果

エクシブWきわケアジェルのパッケージには効能・効果として「水虫、いんきんたむし、ぜにたむし」と書かれています。爪ではなく皮膚に使う水虫薬と同じ表記です。

 

有用成分は、テルビナフィン塩酸塩、イソプロピルメチルフェノール、リドカイン、ジフェンヒドラミン塩酸塩、グリチルレチン酸。
かゆみがあり炎症を起こしているような水虫に効果的です。

 

イソプロピルメチルフェノールは雑菌を殺菌し、テルビナフィン塩酸塩が水虫菌に効果があります。
リドカイン、ジフェンヒドラミン塩酸塩は、かゆいという感覚を鈍らせながらかゆみを抑制。
グリチルレチン酸が炎症を抑えます。

 

添加物は、成分を安定化したり乳化したりするものなので、爪水虫に特化したものは含まれていません。
ここまでは他の水虫薬と特に変わった部分はありません。

 

着眼点が独特

エクシブ爪の生え際

 

エクシブWきわケアジェルは、他の水虫薬とどこが違うかというと着眼点です。エクシブWきわケアジェルは、塗る部位を限定的にした点が他の水虫薬とは大きく異なります。

 

ロート製薬のホームページでは、「エクシブ Wきわケアジェル」は、治療薬が届きづらい爪ぎわからも浸透させるジェルタイプです。」と書かれています。『爪ぎわ』なんですね、これ以上は法律上書くことができないのです。

 

本当は爪水虫にも使ってほしいかもしれません。ただ効能効果が取れていない以上、「爪水虫にも効きますか?」と質問しても「爪水虫用ではない」という返答が返ってきます。

 

爪の表面に塗ったら浸透するか

エクシブWきわケアジェルを爪の表面に塗った場合、爪の内部に浸透するかどうかですが、これはロート製薬の商品開発者しか分かりません。

 

たぶん、爪に浸透はしないと思います。もし浸透するなら、爪水虫の効能は表記できないにしても、浸透力を大々的にアピールするはずだからです。

 

爪の生え際に水虫薬をつける意味

水虫薬を爪の生え際に塗るのは、爪水虫の進行を遅らせるために使う塗り方です。
爪の近くにいる水虫菌を退治するという意味で、爪内部に侵入される可能性を低くすることはできると思います。

 

皮膚科に行くまでに何かをしておきたいという方は、皮膚についた水虫の繁殖を防ぐ、爪の生え際にいる水虫を退治するという意味でエクシブWきわジェルを使うといいと思います。

 

ただし、市販の水虫薬を使っている状態で皮膚科を受診すると、顕微鏡検査で水虫菌の発見が困難になります(水虫なのに水虫ではないという診断になる)。
2〜3週間は使用をやめてから検査をすることになります。

 

皮膚科を受診する際は、使用していた市販薬(成分も分かる方がいい)、いつまで塗っていたか、服用している薬はあるかを説明できるようにして行くようにして下さい。