爪水虫の治療中にフットネイルは塗ってもいい?

フットネイル

 

足爪の露出が増える夏。フットネイルで爪先のおしゃれを楽しみたい女性は多いと思います。

 

足元のお洒落に欠かせないフットネイルですが、爪水虫の治療中に使えるか調べている人も多いのではないでしょうか?
治療中じゃなくても爪水虫をフットネイルで隠したいと思う人も多いと思います。

 

でも、早く爪水虫から自由になりたいのなら今は我慢しましょう。
あくまでも「今は」です。爪水虫が治ってからなら思う存分楽しむことができます。

 

爪水虫をフットネイルで隠してしまおうと考えていた人も多いでしょう。
しかし、それも爪水虫を悪化させる原因になるので今は我慢です。

 

治療中の半年〜1年を我慢し、爪水虫が綺麗になれば、その後はずっと使い続けることができるようになります。

 

もし、ここで無理にフットネイルを使って爪水虫が悪化してしまうと、この先何年にも渡ってフットネイルが使えなくなる恐れが出てきます。

 

爪水虫は早期解決が最も大事なので、悪化させる行為は避けなければなりません。

 

では、なぜフットネイルを使わない方がいいのかを解説します。

 

水虫菌が繁殖しやすい状況を作り出す

爪水虫とフットネイル

 

フットネイルは爪を覆ってしまうので、爪に水虫を閉じ込めるようなものです。

 

さらに、フットネイルは通気性を悪くし、じめじめした高温多湿な環境になります。
水虫は高温多湿な場所で活発に活動するため、爪の中で活発に増殖し、爪水虫が悪化してしまうことにもなりかねません。

 

爪水虫の治療中にフットネイルを使うと、治療効果を落としてしまうことになり、治療期間が延びてしまうでしょう。治療をしていないなら、今より爪水虫が悪化すると考えられます。

 

フットネイルで外用薬やネイルケア剤が浸透しなくなる

フットネイルを塗ると爪にカバーをするのと同じことなので、病院で処方された外用剤(塗り薬)が浸透しなくなります。
つまり、水虫菌をうまく退治できなくなるということ。爪の内部に浸透しない薬を塗り続けても、爪水虫は一向に良くなりません。

 

それなら、病院で処方された薬が内服薬なら問題ないのでは?と思いますよね。

 

確かに、内服薬は体内から効くので、薬の効き目がフットネイルで邪魔されることはないでしょう。
でも、水虫菌が繁殖しやすい環境にしてしまうことで、治療の妨げになります。

 

特に内服薬治療の場合は、副作用のリスクを冒しているので、効率的に治療を進めるべきです。
環境を悪化させてしまうと治療期間が長引くリスクが増えることになります。

 

また、爪を元気で健康的に成長させるネイルケア剤も同様で、成分の浸透を妨げることになります。

 

フットネイルで爪がもろくなる

では、毎日フットネイルを除光液で落とせば、薬の浸透を邪魔しなくて良さそうですよね。
でも、これも良くないのです。

 

その理由は、除光液は毎日使うと爪をもろくし、爪自体の抵抗力を落としてしまうからです。抵抗力が落ちると、さらに水虫に感染しやすくなり、同時に繁殖しやすくなります。

 

フットネイルを毎日塗って毎日剥がすという行為も爪水虫には良くないのです。

 

少し視点を変えます。
フットネイルが爪をカバーするのなら、爪水虫の予防になるのではと考える人もいるでしょう。

 

残念ながらこれもうまくいきません。
水虫菌は爪と皮膚の境目から侵入するので、フットネイルで爪水虫を予防することはできないのです。それどころかすでに爪の内部に侵入した水虫菌を閉じ込めてしまうことになります。

 

少しキツイですが・・・まとめ

爪水虫を治療している時はフットネイルを使うべきではありません。使いたくて仕方ない人もいると思いますが、この半年〜1年は我慢です。

 

爪水虫は悪化させると、歩行にも支障が出ることもあるくらい厄介な病気です。
悪化してしまったら、フットネイルがどうこうという話ではなくなります。
だから我慢です。

 

爪が綺麗に戻れば、これからずっと爪のお洒落を楽しむことができますし、フットネイルの仕上がりも綺麗になります。間違っても、爪水虫で汚くなった見た目をフットネイルで覆い隠してしまおうなんて考えてはいけません。