爪水虫を皮膚科で治療する場合、治療方法は大きく分けて3つあります。治療方針は皮膚科の医師と相談しながら決めることになります。予めどのような治療方法があるか掴んでおくことで、先生と治療方法を決める際スムーズに話をすすめることができます。

 

おすすめの治療方法

 

爪水虫を治療する方法をランキングにしました。

 

1位 レーザー治療
2位 飲み薬での治療
3位 塗り薬での治療

 

自宅で爪水虫を治すわけではなく、時間と費用をかけて通院するわけですので、第一優先を治療効果に定めました。

 

それぞれメリット・デメリットがあります。ランキングはあくまで参考に、ご自身に合った治療方法を選択しましょう。

 

レーザー治療

 

ランキング1位のレーザー治療のメリットとデメリットを見てみましょう。

レーザー治療のメリット

  • 副作用の心配がない
  • 服用中の薬があっても選択できる
  • 通院回数が少ない
  • 血液検査不要
  • 飲み薬が使えない人も治療可能
  • 効果は飲み薬と同等かそれ以上

レーザー治療のデメリット

  • 保険がきかず実費
  • レーザーを導入している皮膚科が少ない
  • 自由診療で費用が施設によって様々

爪水虫の治療効果に大きな期待が持てるレーザー治療ですが、かかる費用が施設によって大きく異なります。レーザーを導入している皮膚科が近くにあるか、費用は納得できるものかが課題です。

 

飲み薬での治療

 

ランキング2位は飲み薬での治療です。現在最も使われている治療方法です。メリットとデメリットを見てみましょう。

飲み薬のメリット

  • 治療方法が確立している
  • 治療効果が高い
  • 薬は高価だが保険がきく

飲み薬のデメリット

  • 使える人、使えない人がいる
  • 副作用が出る恐れがある
  • 血液検査や通院回数などの負担

現在主流の治療方法でデータも多く揃っています。効果は高いですが、飲み薬の為、肝臓や胃腸などの内臓にかかる負担が大きいです。その為、通院回数が多くなったり、血液検査が必要になります。

 

塗り薬での治療

 

ランキング3位は塗り薬での治療です。最も手軽な方法です。メリットとデメリットを見てみましょう。

塗り薬のメリット

  • 副作用の心配がほとんどない
  • 副作用が出ても限定的(ほとんどが軽度の皮膚炎)
  • 服用中の薬があっても同時に使える場合が多い

塗り薬のデメリット

  • 効果が弱い
  • 比較的初期の状態でないと効果が出にくい
  • 有効率は50%程度

爪水虫治療で塗り薬を選択することは少ないです。それは効果が出にくいからです。ただ初期症状の場合は、塗り薬で対応できることもありますし、その方が圧倒的に副作用が少ないので、まずは塗り薬からという先生もみえます。

 

爪水虫におすすめの治療法まとめ

通院できる範囲の皮膚科でレーザー治療を行える病院があれば、レーザー治療がいいと思います。治療を始める前に必ず費用の相談はしておきましょう。病院によって費用が大きく異なる場合があります。副作用の心配もなく、効果は飲み薬と同程度望めます。

 

最終的には先生の判断と自分の判断(飲み薬を飲むことに抵抗がないか)で治療方法を決めることになります。現在の流れでは、まだ第一チョイスは飲み薬が主流です。副作用といっても軽度な内容が多いですし、何より実績が出ているので、医師も患者も治療効果に安心が持てるからです。保険が適用できるのも大きいですね。

 

以上、爪水虫を皮膚科で治療する方法のおすすめランキングでした。参考になれば幸いです。

 

トップページへ

 

 

▼▼こちらは広告です▼▼